にきび用の外用薬

  • 2008/05/28(水) 11:50:52

「にきび」の中でも初期の治療で活躍するのが内服薬より外用薬と言えます。にきびの症状が軽度の場合、まず市販薬を使ってみることをオススメします。よく市販薬にも入っているベンゾイル過酸化物はアクネ桿菌への殺菌効果があり、皮脂の分泌を抑えることができますので効果があります。レゾルシノ?ルやサリチル酸そして硫黄等は角質溶解作用などがありますので、白にきび・黒にきび等に効きます。赤にきび、膿にきびになってきますと、抗菌剤や炎症改善の薬を使います。今でも一部の皮膚科が処方しているレチノイドには、新しい「にきび」の発生を抑えて、コメドが形成されないような効果がみられます。このレチノイドはだんだん副作用が改善されてくることが多いでので、重宝されているようです。このように初期の「にきび」治療には、内服薬と併用するか、もしくは単独で使用されます。このあたりから、多くの方が病院へ行くことになると思いますが、病院で処方される治療薬は、たいてい抗生物質やビタミン剤そして角質をはがす薬の3つです。クリームタイプよりローションタイプのほうが効果的という声もよく聞きます。これらの薬には効果が出るのに長くかかりますので、毎日根気よく治療する必要があります。そして、これらの薬の効果は約1?2カ月後に判断します。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する