疲れ目に目のストレッチ

  • 2008/06/11(水) 00:19:16

パソコン、テレビ、携帯電話、読書など
毎日の暮らしの中で目を酷使せざるを得ない現代人。


目は、小さい文字を読んだり、近くを見続けたりすると
毛様体に負担がかかり筋肉がこわばるため
目の疲れやかすみ、目がぼやけるといった症状が起こるそうです。


「目が重い」「目がかすむ」「目がショボショボする」など
目の疲れをほうっておくと、視力低下やドライアイなどになりやすくなります。
目の症状が気になったら、簡単ストレッチで疲れ目をリフレッシュ!


目の疲れは、目の中の筋肉の疲れ。
目を使いすぎると、目のまわりの筋肉も疲れてしまうので
目のまわりの筋肉や眼球を動かして、こりをほぐし、血行をよくすることで
目の疲れをやわらげることができます。

ストレッチ (1)

? 眼球だけで思いっきり上を見る、下を見る
? 続いて左右、左斜め上から右斜め下へ
? 右斜め上から左斜め下へ
? 最後に右回転、左回転して眼球をぐるりと回す


これを5回程度繰り返します。
注意点:眼球は力強くゆっくり動かすこと

ストレッチ (2)


両目を1〜2秒ギュッと閉じ、パッと大きく見開く

これを5〜6回。
目のまわりの筋肉に刺激を与え、筋肉の緊張をほぐします



このストレッチ、なかなかいいんですよ!
どこでもできて、しかも簡単 (*ゝд?)b
疲れたぁ〜と思ったらやっています^^
目が軽くなり、本当に疲れがとれる感じがしますよ。
目に疲れを感じたら、是非 一度試してみてくださいね。
簡単ストレッチで疲れ目をリフレッシュです!



ほかにも目は、栄養バランスが崩れても疲れやすくなります。

目の健康を維持するには、目によい栄養素を補給することも大切。
目によいといえば、アントシアニンが有名ですよね。
ポリフェノールの一種で網膜に含まれる成分を活性化し
目の疲れや視力の低下を防ぐといわれています。


このアントシアニンは、ブルーベリーや黒大豆の種皮に含まれる成分
クロマニンに豊富に含まれています。


ちなみに、サプリで摂る場合は、パソコンをよく使う人は
夜よりも朝に摂った方が効果的だそうです。
私も朝に、サプリを摂ってます。


また、緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの一種であるルテインは
網膜に存在する高酸化成分で、紫外線から目を保護したり
目の老化による網膜の変性を防ぐはらたきがあります。


ほかに目によいとされるのは

網膜や角膜のはたらきを助けるビタミンA。
食品だと、レバー、うなぎ、緑黄色野菜など。


目の筋肉疲労をやわらげるビタミンB1。
食品だと、豚肉、魚、大豆など。


充血を防ぐビタミンB2。
食品だと、レバー、うなぎ、乳製品など。


これらは、目にとって大切な栄養素なので
毎日の食事の中でバランスよく食べるように心がけたいですね。

観葉植物のマイナスイオン効果

  • 2008/06/11(水) 00:18:21

観葉植物はマイナスイオンを放出し、お部屋に置くだけで心と身体の
リラックス効果が高まり癒し効果があるんですよ。


そして植物の蒸散作用で水分を放散し、お部屋を快適な湿度にも
してくれます。また、観葉植物には見ることによってリラックス効果や
視覚疲労の緩和?回復など大きな力を発揮してくれます。


最近はパソコンなどで目を酷使することが増えてきましたよね。
視力の低下やドライアイなど目の不調が多くなってきています。
お部屋や窓辺に観葉植物を飾って、時おり眺めるようにすると
視覚疲労から目を守り癒しを与えてくれます。  


その他にも、観葉植物はマイナスイオンを放出しているので
血液さらさら効果もあります。
血液のドロドロが怖い病気の原因になることがありますよね。


なぜドロドロになってしまうのかというと
プラスイオンの影響もありストレスが原因でもあります。
活性酸素が血液の中で増えると血液が酸性になり、細胞を傷つけて血液が
ドロドロしはじめるのです。マイナスイオンはこのドロドロ血を
アルカリ性に戻し、さらさらにしてくれる効果があるのです。


またマイナスイオンには幸せホルモン「セロトニンやベータエンドルフィン」
という物質を活性化して心を癒してくれます。
この効果によって自律神経を調整したり、安眠効果もあるのです。


マイナスイオンには新陳代謝を促し細胞を活性化し
お肌も髪もツヤツヤになる嬉しい美容効果もあります。


観葉植物は育てるのもお手入れも簡単なので、是非癒しのアイテムとして
取り入れたいものです。観葉植物が出してくれるマイナスイオンで
健やかな癒しの日々をおくりましょう。

ゴルデンリフト〜金の糸でアンチエイジング

  • 2008/05/28(水) 11:52:58

たるみの改善やしわの改善に究極の治療と言われているフェイスリフトですが、欠点として、ダウンタイムがあるということがあげられます。その欠点を解消した療法が、ケーブルリフトと呼ばれる技術を使用したゴールデンリフトです。純金(K24)で作られた非常に細い糸を、真皮の部分に格子状に埋め込むことにより、コラーゲンや血管の再生が促進されるというものです。この金の糸により、老化でたるんだ肌に張りが出て、艶やかな若々しい肌になってくるそうです。効果の程は、施術後すぐには見られませんが、だいたい2〜3週間から、人により4ヶ月〜半年ぐらいで、少しずつ表れてくるようです。そして、この効果は8〜10年ほど持続するようです。メスなどで切らずに長期間の効果を得たい方には、最適の治療法と言えます。

このゴールデンリフトは、顔のたるみだけにとどまらず、首やお腹、バストや太ももなど、全身に使用が可能だそうです。具体的な治療の内容は、局部麻酔を施して行い、時間は約40分程度で終了します。術後少し部位のむくみがあるそうですが、手術当日からメイクが可能で、日々の生活にすぐ戻ることができます。

このように、美容手術といえば怖いだとか、時間がかかるなどのイメージがありましたが、簡単で痛みも少なく、気軽に受けられるものが増えてきました。


にきび用の外用薬

  • 2008/05/28(水) 11:50:52

「にきび」の中でも初期の治療で活躍するのが内服薬より外用薬と言えます。にきびの症状が軽度の場合、まず市販薬を使ってみることをオススメします。よく市販薬にも入っているベンゾイル過酸化物はアクネ桿菌への殺菌効果があり、皮脂の分泌を抑えることができますので効果があります。レゾルシノ?ルやサリチル酸そして硫黄等は角質溶解作用などがありますので、白にきび・黒にきび等に効きます。赤にきび、膿にきびになってきますと、抗菌剤や炎症改善の薬を使います。今でも一部の皮膚科が処方しているレチノイドには、新しい「にきび」の発生を抑えて、コメドが形成されないような効果がみられます。このレチノイドはだんだん副作用が改善されてくることが多いでので、重宝されているようです。このように初期の「にきび」治療には、内服薬と併用するか、もしくは単独で使用されます。このあたりから、多くの方が病院へ行くことになると思いますが、病院で処方される治療薬は、たいてい抗生物質やビタミン剤そして角質をはがす薬の3つです。クリームタイプよりローションタイプのほうが効果的という声もよく聞きます。これらの薬には効果が出るのに長くかかりますので、毎日根気よく治療する必要があります。そして、これらの薬の効果は約1?2カ月後に判断します。

菜食による持久力

  • 2008/05/28(水) 11:46:09

 肉食をしていた人々が菜食を始めると、一時的に弱くなるように感じる事があり、強くたくましい

感じがしないことを心配します。多くの人は、肉や牛乳は強い体を作ると教えられて成長してきました

。そしてそれらの考えは見事に神話化しました。運動競技をする人々はもう何年も前から、動物の脂肪

や蛋白質は持久力をつけるためには役に立たないと知っています

 スカンジナビアの研究者パー・オルフ・アストランド博士が、1960年に行った「食事の質と持久力」に

関する古典的研究があります。それは、高度な訓練を受けた9人の運動家を対象に実験したものです。

アストランド博士はそれらの運動家たちに、グループごとに、3つのタイプの食事をさせて、その食事

を3日ごとに変えました。そして3日間それぞれの食事をした後に、各運動家に疲れきるまで高速で自転

車のペダルを踏んでもらいました。

 結果は、次の図のように、菜食をした後の運動家たちの持久力が最も勝っていました。

● 肉の多い食事(蛋白質と脂肪の多い食事)をした人は、およそ1時間後に疲れきってしまいました



 ● 肉、脂肪、蛋白質が少なく、植物性食品の多い混合食をすると、肉食の人の約2倍、合計でおよ

そ2時間高速でペダルを踏むことができました。

 ● ところが、純菜食をすると3時間近くも踏み続けることが出来、肉食の人の3倍近くも優れた持久

力を示しました。

 持久力のこの劇的改善は動物界を鋭く観察している人々には驚きではありません。何といっても、雄

牛、象、馬は菜食で力や持久性にすぐれています。馬は何時間も高速で走ることができます。象は高速

でまっすぐになんと10‐12時間走ることができます。その体重(6トン以上)で時速25マイルで10‐12

時間まっすぐに走り続けることが想像できますか。一方肉食の大型の猫科動物、チーター、トラなどは

スタート時はスピードが出ますが、およそ5分以内で疲れてしまいます。動物界では、持久力、すなわ

ち長時間のエネルギーを出し続ける力は、菜食動物の大きな特徴なのです。